米軍北部訓練場のヘリパッド建設を巡り、沖縄県の翁長雄志知事は11日午後、会見を開き、東村、国頭村とともに政府に対しオスプレイの使用を前提とした環境影響評価の再実施を求めると発表した。オスプレイの配備撤回も求めた。知事は月内にも上京し、防衛省に要請する方針。

オスプレイの配備撤回と北部訓練場の環境影響評価の再実施について記者会見する沖縄県の翁長雄志知事=11日、県庁

 沖縄防衛局の自主アセスはCH53ヘリコプターを対象としているが、既に完成したN4地区のヘリパッドではオスプレイの訓練が繰り返し実施されている。

 N4の運用開始後、東村高江では騒音が増加しており、知事は「生活、自然環境への影響が懸念される」と指摘。現在、防衛局が建設を進めている4カ所の運用開始前に、オスプレイを対象としたアセスを実施するよう求めた。

 会見には国頭村の宮城久和村長、東村の伊集盛久村長は同席しなかった。