【ツール・ド・おきなわ取材班】第28回ツール・ド・おきなわ2016は13日、本島北部全域でロードレース部門があり、午前中は市民レース50㌔の6部門が名護市の21世紀の森体育館周辺でゴールした。激戦区の40代は白鳥興寛=東京都=が3連覇を果たした。
 レディースは渡部春雅=神奈川県、50歳以上は福島雄二=熊本県、30代は西真也=東京都、 29歳以下は田崎竜成=鹿児島県、中学生は天野壮悠=大阪府=がそれぞれチャンピオンジャージを手にした。
 小学生レース10㌔は大城滉=糸満市=が優勝した。