「第106回秋の全島闘牛大会」(主催・沖縄県闘牛組合連合会)が13日、うるま市石川多目的ドームであった。県内の精鋭牛24頭が13戦を戦い、集まった約4千人の観客を熱狂させた。

全島一優勝旗争奪戦を制した伊良皆圧送大進撃=13日、うるま市石川多目的ドーム

伊良皆圧送大進撃(左)が粘り強い取組で、全島一優勝旗争奪戦を制した=13日、うるま市石川多目的ドーム(金城健太撮影)

全島一優勝旗争奪戦を制した伊良皆圧送大進撃=13日、うるま市石川多目的ドーム 伊良皆圧送大進撃(左)が粘り強い取組で、全島一優勝旗争奪戦を制した=13日、うるま市石川多目的ドーム(金城健太撮影)

 無差別級の全島一優勝旗争奪戦では、春の全島大会でチャンピオンになった伊良皆圧送大進撃が挑戦牛の武捷龍を7分40秒で破り、初防衛を果たした。

 中量級は、闘将ハヤテが康荒一撃を2分13秒で下して13度目の防衛に成功。軽量級は挑戦牛の琉神一輝が11分16秒でチャンピオンの大城木工を制し、新王者となった。