今年最大の明るい満月「スーパームーン」が14日、沖縄の夜空に浮かんだ。

東の空に昇る旧暦10月15日の月=14日午後6時、うるま市・浜比嘉島(下地広也撮影)

 月は楕円(だえん)形の軌道で地球の周りを回り、スーパームーンは月が地球に近づく日と満月のタイミングが重なるために起きる現象。国立天文台によると、1948年以来68年ぶりの大きさ。

 沖縄気象台によると、沖縄地方は同日、高気圧の影響で晴れている。