【大阪】沖縄の基地問題に取り組む関西の18団体で組織する「Stop!辺野古新基地建設!大阪アクション」(陣内恒治共同代表ら)は13日、大阪中央区民センターで、東村高江周辺のヘリパッド建設と名護市辺野古の新基地建設に反対する「チャンプルウォークと上映会」を開催した。

ヘリパッド建設と新基地建設に反対の声を挙げたチャンプルーウォークの参加者ら=13日、大阪

 イベントには約70人が参加。陣内共同代表は「沖縄に派遣されている大阪府警機動隊の暴言と、派遣を中止させるための住民監査請求人の呼び掛けを行った」などと説明し「沖縄県民が反対している中で、機動隊を派遣して差別を繰り返していることは絶対に許せない」などと訴えた。