石垣市内の自宅で大麻を所持していたとして、那覇地検は15日、元女優の高樹沙耶(本名益戸育江)容疑者(53)ら3人を大麻取締法違反(所持)の疑いで起訴した。那覇地検は3人の認否を明らかにしてないが、捜査関係者によると、高樹被告は大麻使用を認めているという。

高樹沙耶容疑者

 他に起訴されたのは、高樹被告と同居していた会社役員の男(58)と無職の男(26)の2人。

 起訴状によると3人は10月25日、石垣市内の自宅で約100回分の使用量にあたる大麻55・612グラムを所持した疑い。厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部の家宅捜索では、使用痕のある吸引用パイプ10本も押収していた。