スマホで環境確認・設定

 沖縄セルラー電話(那覇市、湯淺英雄社長)は15日、スマートフォンで栽培環境を設定できる家庭用水耕栽培キット「やさい物語」を発売すると発表した。同社が2013年から手掛ける植物工場のノウハウと、あらゆるものをインターネットでつなぐIoT技術を組み合わせた。

IoT技術と植物工場のノウハウを合わせた家庭用水耕栽培キット「やさい物語」=日、那覇市・沖縄セルラー電話

 同キットはカメラとセンサーを搭載し、自動撮影した野菜の写真や測定した気温と湿度、水位のデータが利用者のスマホに届く。気温や水位に異常があった場合もスマホに警告が表示され、LEDの点灯時間もアプリで制御するなど、外出先から栽培環境が確認できる。カメラ機能を搭載した栽培キットは日本初となる。

 栽培する野菜はリーフレタスなどの葉野菜、ハーブ、ベビーリーフなど。同社の植物工場で使用している品種を用い、安心・安全感を高める。同日、会見した仲地正和常務は「通信事業者の強みと、植物工場事業者の経験を十分に発揮した製品」と手応えを述べた。

 サイズは幅48センチ、高さ33センチ、奥行き33センチで重量は3キロ。同社ECサイトと県内auショップで扱う。12月中旬から予約を受け付け、17年2月下旬からの発売。価格は3万4800円(税別)だが、初回5千台に限り発売記念価格2万9800円(税別)。