23歳のプロボクサー荻堂盛太(平仲スクールジム)が、来年1月8日に豊見城市民体育館で世界ボクシング評議会(WBC)世界ユース・ライトフライ級タイトルマッチに挑戦する。プロボクシング大会「MUGEN 挑」を主催する平仲ジムが15日、会見を開き、荻堂は「3ラウンド以内にKOしたい」と宣言した。

WBCユースのライトフライ級タイトルマッチに挑戦する平仲の荻堂盛太(前列中央)、セミファイナルを戦う大橋の翁長吾央(同右)、琉球小谷将寿(同左)ら関係者=平仲ボクシングスクールジム

 WBCユース王座は23歳以下の勝率8割以上、タイトル保持者など実績のある選手が挑戦できる。

 荻堂の戦績は14戦11勝(3KO)2敗1分け。ライトフライ級の東洋太平洋(OPBF)8位、日本10位で、8月の前戦の勝利で世界ボクシング機構(WBO)のランキング入りを果たした。

 荻堂は「ユースは取って当たり前で、その先がある。闘志あふれる試合を見せたい」と気合十分だ。平仲ジムの平仲信明会長は「10回を戦えるスタミナ、手数は十分にある。上下のコンビネーションをうまく使ってほしい」と期待した。

 セミファイナルでは8月のOPBFタイトル戦で敗れた36歳の翁長吾央(大橋)が再起戦となる8回戦を戦う。

 去就が注目されていたが、現役続行を決断した。「しっかりした内容で勝って、もう一度タイトルマッチに挑戦したい」と決意を述べた。大会は午後1時開始。問い合わせはMUGEN、電話098(856)8889。