「『お母さんの目にボクが映るのはなぜ』と3歳の息子。『好きな人が映るのよ』というと、彼はいろんな人の目をのぞきこんでは満足しています」

▼全国紙の読者投稿欄に以前掲載された「目に映る」という作品である。3歳といえば、言葉が上手になるかわいい盛りの頃で、ほほ笑ましい親子の光景が目に浮かぶ

▼その男児を映してくれる目はなかったのだろうか。堺市北区に住民票がある梶本樹李(たつき)ちゃん(4)が行方不明となっている事件で、傷害致死容疑で再逮捕された父親(35)が供述した山中から幼児とみられる遺体が発見された

▼警察は遺体が樹李ちゃんの可能性があるとみて、DNA型鑑定などで身元確認を急いでいる。遺体は丸まった体勢でニット帽、トレーナーを着て、両足に靴下をはいていたという

▼これまでの調べで、樹李ちゃんは3歳の時に暴行され死亡したとされる。児童手当の詐取で両親が逮捕されて明らかになった事件は、最悪の結末を迎えようとしている

▼子どもたちの楽しいおしゃべりを収録した「ママ、あのね。子どものつぶやき」(朝日文庫)に、4歳女児のこんな作品がある。「お父さん お母さん おじいちゃん おばあちゃん…好きなおとな みんな『お』がつくんだね」。樹李ちゃんが口にしたかった心の中のつぶやきのようにも聞こえる。(稲嶺幸弘)