【東京】第2次普天間爆音訴訟の判決で、那覇地裁沖縄支部が、米軍機の飛行差し止め請求を退ける一方、国に損害賠償の支払いを命じる判決を出したことに、宜野湾市の佐喜真淳市長は都内で記者団に「問題を解決するためには一日も早い返還しかない」と述べた。

佐喜真淳・宜野湾市長

 佐喜真市長は「騒音問題を一日も早く解決できるように、(普天間飛行場は)返還してもらいたい。それが原点。(飛行場が宜野湾市に)居座り続けることで住民への被害が、さらに拡大していく」と語った。