沖縄美ら海水族館(沖縄県本部町)は15日、ジンベエザメの繁殖を目指した取り組みとして、水槽内のジンベエザメ3匹(オス1匹、メス2匹)のうち、体長約7.7メートルのメス個体1匹を本部沖合約1キロの海上いけすに移動した。

引っ越し用コンテナに誘導されるジンベエザメのメスの個体(上)=15日、沖縄美ら海水族館(同水族館提供)

 ジンベエザメは、同水族館が世界で初めて飼育に成功。飼育下で繁殖に成功した例は無く、繁殖周期などは明らかになっていない。

 メス1匹を別の場所に移動させることで繁殖に適するまで育てるために十分な広さを確保。水槽内では、体長約8.6メートルのオスと、体長約7.8メートルのメスをペアで飼育する。