第2次普天間爆音訴訟で、米軍機飛行差し止めを棄却した17日の那覇地裁沖縄支部判決は、住民側が真っ向から突きつけた憲法論に対し具体的な判断を示さず、形式的に切り捨てた。米軍機による被害を受けている国民の救済の道を閉ざす司法の姿勢がより際立つことになったと言える。