中城村は17日、世界遺産・中城城跡のバリアフリー化を促すため、県産の8人乗り電動式コミュニティービークル「CV8」を導入した。CV8は、ものづくりネットワーク沖縄(mdn、うるま市)と沖縄ヤマハ(那覇市)が共同開発。糸満市の沖縄平和祈念公園に次ぎ2例目で、市町村では初導入。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。