将棋界で西の怪童と呼ばれた村山聖(松山ケンイチ)。幼少期より「ネフローゼ」と言う腎臓の難病と闘いながら名人のタイトルを目指していた。そんな彼の前に立ちはだかる同世代の天才・羽生善治(東出昌大)。初めての対局で敗れ、羽生を意識する聖。上京して羽生との再戦を思いながら、一層将棋に没頭する。

「聖の青春」

 しかし、そんな時にぼうこうがんが見つかる。自分の命を削りながら聖は将棋を指し続けていく事になる。

 弱冠29歳の若さで亡くなった実在の天才棋士・村山聖。彼の人生はまさに将棋と共にあった。

 羽生との一局はまるでお互いに「何故、将棋を指すのか」と言う答えを探すために語りあっている様にすら感じる。

 村山聖の残した人生の棋譜(証)に心が震える。(スターシアターズ・町田宗人)

◇サザンであすから上映予定