【東京】鶴保庸介沖縄担当相は18日の閣議後会見で、大阪府警の機動隊員による「土人」発言を「差別と断定できない」との自らの認識に対し、翁長雄志知事が「大変遺憾で残念だ」などと述べたことについて、「全く誤解の部分もあると思う。話す機会があれば、いろいろ議論したいと思う」と述べた。翁長知事が予算要望で近く上京する予定で、会談日程を調整中だとした。

鶴保庸介沖縄担当相

 また、鶴保氏が17日夜の自民党国会議員のパーティーで、「こういうところで変なことを言うと、言葉尻を捉えられる。今日は何も言わない」と述べたことに関し、沖縄側の一連の反発も言葉尻を捉えられたとの認識かとの問いには、「そうではない」と答えた。その上で「一般論として国会議員のパーティーでのさまざまな発言が、そういう状況を呼んでいる部分があると、私自身も経験したので、そう話した」と説明した。