西銘恒三郎衆院議員の国土交通委員長就任を祝い、沖縄県経済団体会議が20日に那覇市内で開いたパーティーに、翁長雄志知事と仲井真弘多前知事がともに出席し、前知事が現知事を皮肉る場面があった。

仲井真弘多氏

 仲井真氏は「沖縄はいつも基地問題でいろんなことが起きる。違法なことをそのままリーダーが言ってはいけない。やってはいけない」と力説した。

 知事による埋め立て承認取り消しが、高裁判決で違法とされたことを念頭に置いた発言とみられる。

 仲井真氏は「立派な産業をつくり、安心安全で住みよい沖縄にするのが子どもたちのためだ。泣き言や恨み節に、いつまでもとどまってはいけない」とも述べ、沖縄の過重な基地負担を強調する知事を皮肉った。

 一方、仲井真氏に先立ちあいさつした知事は「西銘氏は国土交通政務官も経験し、委員長に最もふさわしい政治家だ。沖縄はもとより、日本全体の発展に貢献できる」と祝意を述べた。