高校野球の第41回県1年生中央大会最終日は20日、コザしんきんスタジアムで決勝が行われ、未来沖縄が9-2で沖縄工業を下し、創部2年目で初優勝した。

初優勝した未来沖縄

 未来沖は1-1の三回無死一、三塁、宜保翔の右前適時打と投ゴロの間に2点を勝ち越した。雨で1時間45分の中断を挟み、再開した五回には高安光聖の投前スクイズや山城翔也の2点適時打などで4点を挙げて突き放した。先発の新垣龍希が11安打を打たれながら2失点で完投した。