【那覇】夜の中国式庭園「福州園」=那覇市久米=をライトアップする「Ryukyu Dramatic Night Garden in Naha」が18日始まった。観光客らに夜の沖縄を楽しんでもらおうと市観光協会が中心となって企画した。点灯式で関係者が見守る中、赤くともる中華灯籠が建物をライトアップ。園内の植物も照らされ、水のせせらぎも相まって幻想的なムードに包まれた。

夜間の観光資源として活用する取り組みでライトアップした中国式庭園「福州園」=18日、那覇市久米(下地広也撮影)

 増える観光客をターゲットにしたナイトコンテンツを創出しようと、県の2016年度戦略的課題解決型観光商品等支援事業を活用。来年1月末までの予定だが、2月以降も継続を目指している。

 入場料は大人600円、小学生300円。水曜日は休園。施設内では料理やアルコールを提供するほか、琉球古典舞踊などのステージも予定されている。同協会の佐久本武会長は「ジャズや空手など多様なエンターテインメントも提供したい。観光客に加え県民にも受け入れられる資源として育てていきたい」と述べ、来園を呼び掛けた。

夜間の観光資源として活用する取り組みでライトアップした中国式庭園「福州園」=18日、那覇市久米(下地広也撮影)