那覇署は21日、那覇市松山の店舗内から体長1・5メートル、体重約2キロのヘビ(ボールパイソン)が逃げ、見つかっていないと発表した。蛇は無毒で、黒と茶色のまだら模様が特徴。雄だという。同署が捜索している。

逃げたボールパイソン(県警提供)

 同署によると18日午後5時ごろ、飼い主の男性が店舗の水槽で飼育中の蛇がいなくなっていることに気付いた。翌19日昼ごろ、男性が「飼っているヘビが逃げてしまった」などと那覇署に捜索を届け出たという。

 同署は「ヘビはおとなしい性格らしいが、見つけたら自分で捕まえようと思わずに、警察に連絡をください」と呼び掛けている。