翁長雄志知事は22日、米軍普天間飛行場や嘉手納基地を視察し、宜野湾市の佐喜真淳市長、嘉手納町の當山宏町長から騒音など基地被害の実態を聞き取った。知事は視察後、「負担軽減がなかなか進んでおらず、二つの基地を取り巻く厳しさを改めて実感した」と述べた。知事就任後、公式に米軍基地を視察するのは初めて。

翁長知事

 佐喜真市長は宜野湾市の嘉数高台で、一日も早い普天間飛行場の返還と5年以内の運用停止を求めた。道の駅かでなでは、當山町長が外来機による騒音や航空機の排ガスが近隣住民の負担になっている現状を訴えた。

 知事は、普天間の早期返還を望む思いは同じだとし、早期返還へ全力で取り組む姿勢を強調。嘉手納基地周辺の負担軽減にも全力を挙げる姿勢を示した。

 知事は視察後、記者団の質問に、県外の人に沖縄の基地の実情を理解してもらうために「現場を見てもらうのは有効な方法だ」と指摘。今後、早い段階で全国知事会の県内開催などを模索していく考えを示した。