那覇市の泊魚市場の競り機能を糸満に移転する沖縄県の計画に対し、那覇地区漁業協同組合(山内得信組合長)を含む7組合が組織的に反対を掲げ、立場の違いが鮮明になった。県は一部の競り機能を泊に残すことを検討しているが、7組合の漁業者には競り市場が分散することによる魚価の下落を危ぶむ声が根強い。