【東】東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設に反対する市民らは23日、N1地区出入り口前で座り込みを続けた。午前中の抗議集会は、県内外から約300人が参加した。

N1地区出入り口前に座り込む市民らの上空を飛ぶ米軍ヘリ=23日午前9時55分、東村高江

 高江に住む伊佐真次東村議は「先週から夜中にも資材搬入をしている。夜中にトラックの音で起こされる住民にとっても迷惑だが、(搬入する)労働者も搾取されている。とにかく急いでヘリパッドを完成させたい政府の思惑が目に見えている」と批判した。

 また、午前9時55分から11時32分にかけて5回、米軍ヘリ2機が座り込む市民らの上空を低空飛行した。