最新機器で運動能力を測定する「沖縄スポーツ能力測定」が23日、那覇市の県体協スポーツ会館で行われた。サッカー元日本代表の前園真聖さんらとの交流もあり、子どもたちを中心に約150人が楽しみながら運動能力を測った。

子どもたちの測定を見守る前園真聖さん(左)ら=那覇市・県体協スポーツ会館

 参加者は、(1)10メートルスプリント(2)敏しょう性(3)ジャンプ力(4)バランス力(5)反応ステップ(6)スイングスピードの6項目を測定し、自分に合ったスポーツなどアドバイザーの助言を受けた。

 前園さんは「運動能力を数値化することで、新たな発見もある。いろんなスポーツに興味を持つきっかけにつながる」と話した。