基地の県内移設に反対する県民会議は26日午後6時から、那覇市久米の青年会館で沖縄の未来を守るための緊急シンポジウムを開く。入場無料。

名護市辺野古

 伊江島、東村高江、名護市辺野古3地域を点で結ぶと、ヤンバル全体が危険地帯となるほか、伊江島の補助飛行場では、最新鋭ステルス戦闘機F35の訓練用に計画されている着陸帯の改修工事が進んでいる。

 登壇者は生物学者の屋冨祖昌子さん、フリージャーナリストの屋良朝博さん、平和市民連絡会の北上田毅さん、建築家の真喜志好一さん。

 問い合わせは電話090(6863)8394。