9秒でまるわかり!

  • 北部訓練場での機動隊員「土人」発言で、石垣市議会が意見書を可決
  • 発言は不適切としたが「警察官のみ取り上げるのは一方的」と指摘
  • 公明2氏と野党は「県民への差別発言でない」とした文言に反発

 沖縄県東村高江の米軍北部訓練場へのヘリパッド建設に反対する市民に大阪府警機動隊員が「土人」などと差別的発言をした問題で、石垣市議会(知念辰憲議長)は24日、臨時会を開き、発言は「不適切」として抗議する意見書案を与党の賛成多数(賛成11、反対8)で可決した。公明2氏と野党は「県民に向けられたものではなく、県民への差別発言でもない」とした文言に反発し、反対した。

 意見書は反対住民が発したとされる複数の暴言を取り上げ「警察官の人格、尊厳を傷つける発言は問題にせず警察官の発言のみ取り上げるのは一方的」などとも指摘。双方の不穏当発言防止の徹底化と、現場警察官の負担軽減など警備体制の改善を求めている。

 野党市議らは「歴史を踏まえれば県民感情が許さない。これでは警察を擁護する内容と言わざるを得ない」などと反発。賛成討論した市議らは「反対する人の多くが県外からの活動家。県民に対する発言ではない」などと持論を展開した。