石垣市大川の県道79号で4日発見された英国製250キロ爆弾の不発弾1発の処理作業が、26日午後4時15分から同所である。避難半径283メートルで避難対象は1246世帯2138人、70事業所。同1時半から避難誘導、同3時45分から交通規制を始める。作業は同5時15分に完了予定。

 避難所は石垣市役所と登野城公民館、大川公民館、市民会館中ホール、市健康福祉センター(要援護者)の5カ所に設置。市役所には現地対策本部も置く。

 現場は交通量や観光客の往来が多い中心市街地。不発弾は雨水管整備の工事現場で、作業員が重機で掘削中に発見した。信管が付いているため、陸上自衛隊が歩道に移して鉄板で覆うなど一時保管措置を取っていた。