沖縄県警は25日、酒気を帯びた状態で普通乗用車を運転したとして、在沖米軍嘉手納基地所属の米空軍二等軍曹(28)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。調べに対し、「(呼気検査で)検知された数値ほどは飲んでいない」と容疑を一部否認している。

 逮捕容疑は25日午前0時15分ごろ、沖縄自動車道北中城インターチェンジから名護向けの本線に合流する道路上で、酒気帯び運転をしていた疑い。

 パトロール中のパトカーが携帯電話を使用していた同容疑者を発見し、停止を要求。容疑者から酒の臭いがしたため呼気検査を実施したところ、基準値の約2倍のアルコールが検出された。