沖縄県内18の離島市町村が自慢の特産品や伝統芸能を紹介する「離島フェア2016」(主催・離島フェア開催実行委員会)が25日、那覇市の沖縄セルラーパーク那覇で始まった。27日までの3日間、午前10時~午後7時(最終日は午後6時半まで)。過去最多の127社が1092品を展示販売する。

県内各離島の市町村長や関係者がくす玉を割り、華やかに開幕した離島フェア2016=25日午前、沖縄セルラーパーク那覇

 島の料理を味わえる「離島食堂」コーナーには11市町村から16店が出店。車エビの素揚げやイラブー汁、イカスミ焼きそばなど多彩なメニューを準備した。石垣島ビールや伊江島のイエラムモヒートも楽しめる。ステージでは琉舞や三味線、民謡などの伝統芸能が披露される。

 フェアは28回目。25日の開会式では、実行委員長の外間守吉与那国町長が「回を重ねるごとに内容が充実してきた。県内外に広く知られ、離島活性化の力になっている」とあいさつした。