沖縄県内の小中高生がスタッフや審査員として運営する「第3回こども国際映画祭in沖縄(KIFFO)」が26、27の両日、那覇市の若狭公民館で開かれる。子どもたちが主人公の「いっしょの目線で」「あぜみちジャンピンッ!」「ペリカンマン」の3作品を上映する。アニメ作りなどのワークショップもある。

「わたしの宝もの」の撮影時の様子などを話す、宮平貴子監督(右端)と出演者ら=25日、那覇市・若狭公民館

 25日の前夜祭では、映画祭の宮平貴子ディレクターが監督を務め、京都国際子ども映画祭でグランプリを受賞した短編映画「わたしの宝もの」を上映。出演者らによるトークショーもあった。

 一般から募集した60秒映画コンテストの授賞式も行われ、50作品の中からFUMI監督(神奈川県)の「あんとあらた」がグランプリに輝いた。ノミネート作品はKIFFOホームページ(www.kiffo.kukuruvision.com)から見ることができる。

 映画祭のチケットは1作品500円。問い合わせはKIFFO事務局、電話098(996)1456。