県が2012年に設置した沖縄戦の第32軍司令部壕(那覇市)の説明板から「慰安婦」や「日本軍による住民虐殺」の文言が削られたことについて、文案を練った同壕説明板設置検討員会の元委員長、池田榮史琉球大教授ら元委員3人が25日、県庁で金城弘昌子ども生活福祉部長と面談した。