沖縄県教育委員会は25日、男子高校生にみだらな行為をしたとして、児童福祉法違反の疑いで逮捕、起訴された40代の女性教諭を懲戒免職にした。また、酒に酔って那覇市松山の路上に停車された原付きバイクを損壊した、浦添市内の小学校の男性臨時的任用教員(29)も戒告処分とした。

飲酒運転などで県が3職員処分

 沖縄県総務部人事課は25日、県職員3人を酒気帯び運転や無断欠勤などの理由から懲戒処分したと発表した。

 農林水産部家畜改良センターの50代の男性職員は、酒気帯び運転で摘発され、停職3カ月の処分を受けた。そのほか、無断欠勤などの服務規律違反で総務部の50代男性職員が減給(10分の1)3カ月、農林水産部の60代男性職員が戒告処分を受けた。