沖縄県うるま市の浜比嘉島と伊計島で26日、「島のクラフトピクニック」(主催・プロモーションうるま)が始まった。沖縄の原風景が残る集落を歩きながら古民家などで陶芸や木工、ガラスなど計72のショップで買い物と体験、食事ができる催し。2つの島に親子連れら延べ2千人が訪れ、お気に入りのクラフトを眺めたり、工作体験を楽しんだ。27日まで。

古民家で、ショップの店員(左)に習いながら小物づくりに挑戦する女の子=うるま市与那城伊計

 読谷村から家族4人で訪れた古堅小3年の屋良南々瀬さんは、伊計島で髪留め作りを体験、民家や島の風景も満喫した様子。妹で同小1年の桃花さんはイベントのトランプ手品も楽しかった、と笑顔を見せた。

 2日目も午前10時から午後5時まで開かれる。