沖縄4区選出の仲里利信衆院議員(無所属)は27日、南風原町内で開いた政治活動の報告会で「後釜をつくろうと一生懸命取り組んでいる」と述べ、勇退する考えを示唆した。一方で、沖縄タイムスの取材に対し、来年1月にも取り沙汰される次期衆院選での去就について「現段階で後継候補者が決まっていないため何とも言えない」と明言しなかった。

仲里利信衆院議員

 報告会では「(後継候補選考の)条件は那覇から連れてくるのではなく南部、島尻地区からというのが原則だ」とも述べた。

 名護市辺野古の新基地建設に反対する「オール沖縄」勢力の一部では、仲里氏の後継として現職那覇市議を推す意見がある。仲里氏は報告会でこうした意見をけん制した格好だ。