オリオンビール(浦添市、嘉手苅義男社長)とJR九州子会社のJR九州ホテルズ(福岡市、中野幹子社長)は28日、那覇市牧志の沖映通りに建設中の「JR九州ホテル ブラッサム那覇」を来年6月24日にオープンすると発表した。オリオンビールが所有し、JR九州ホテルズが県内で初めて運営する。

来年6月開業する「JR九州ホテル ブラッサム那覇」の完成イメージ(JR九州ホテルズ提供)

 ホテルは13階建てで全218室。敷地面積は2162平方メートル、延べ床面積は約1・11ヘクタール、1部屋当たりの広さは23~34平方メートル。1階にはスティルフーズ(東京都、鈴木成和代表取締役)が運営する「37Steakhouse&Bar」が県内に初めて出店する。ホテル内の最上階にはテラス付きの「リラクゼーションサロン」と「ライブラリーラウンジ」を設ける。

 正規の宿泊料金は、1室当たり1人利用で2万3800円から、2人利用で3万2400円から。