就任2年を前にした28日のインタビューで、翁長雄志沖縄県知事は米軍北部訓練場のヘリパッド建設問題に関し「苦渋の選択だ」と述べた。知事はこれまで北部訓練場を巡り賛否を明確にしておらず、容認の立場を鮮明にした形となった。一方、県政内からは発言は沖縄の基地問題の「本質」を語ったものだとの声が上がる。