冬でもかりゆしウエアを―。「長袖かりゆしウエア販売会」が29日、那覇市久茂地のタイムスビルエントランスで始まった。30日まで。長袖かりゆしに特化した販売会は県内で初めて。沖縄県衣類縫製品工業組合の4社の新作が一堂に集い、スタイルと色の組み合わせで約50種類を展示・販売している。ビールやおつまみを販売する飲食コーナーもある。

県衣類縫製品工業組合の会員企業4社の新作が並ぶ「長袖かりゆしウエア販売会」=29日、那覇市久茂地・タイムスビル

 29日午後5時半からファッションディレクターの森岡弘氏とボタン博物館館長の金子泰三氏のトークショーもあり、他のシャツとの差別化、長袖かりゆしのブランド化の方向性を語る。

 両日とも午前11時~午後9時。価格帯は5千円~1万円台で、通常より安く設定している。