沖縄県内の廃食油を使った発電事業に取り組む大幸産業(沖縄市、大城實代表)は、12月から新電力会社への売電を始める。発電施設は最大出力320キロワット、一般家庭換算で約800世帯分を賄える。