9秒でまるわかり!

  • 高江ヘリパッド事実上容認との報道に、翁長知事「不本意だ」
  • 北部訓練場はオスプレイ使用が前提となるため「苦渋の選択」
  • オスプレイ使用は本来のSACO合意とは違うとの認識を示した

 翁長雄志知事は29日、米軍北部訓練場のヘリパッド建設で「苦渋の選択」との自身の発言が事実上の容認と報道されたことに関し、真意ではなく「不本意だ」との認識を示した。県庁で記者団に語った。

翁長雄志知事

 知事は、苦渋の選択は、オスプレイの使用が前提となっている「北部訓練場の返還(を容認すること)」だと説明。オスプレイを対象とした環境影響評価が実施されていないにもかかわらず、オスプレイが使用するヘリパッドが造られることは「容認していない」と述べた。また、1996年のSACO合意にはオスプレイの使用が含まれていなかったとし、現計画に関し「本来のSACO合意とは違う」との認識を示した。