リゾートホテルなどを手掛けている南風見観光(沖縄県竹富町、齋藤工代表取締役)が来年1月にも、竹富町南風見(西表島東部)で国内最南端となる温泉施設を開業することが1日までに分かった。同社が運営する「ラ・ティーダ西表リゾート」の付帯施設として建設中で年内の完成を目指している。齋藤代表は「南十字星が見える温泉施設。島の付加価値を高める新たな資源として島の活性化にもつながれば」と話す。

「ラ・ティーダ西表リゾート」南側に建設中の「西表島温泉カンパネルラの湯」=竹富町南風見

西表島の温泉施設建設現場

「ラ・ティーダ西表リゾート」南側に建設中の「西表島温泉カンパネルラの湯」=竹富町南風見 西表島の温泉施設建設現場

 施設名は「西表島温泉カンパネルラの湯」。延べ床面積は約358平方メートル。敷地はコテージタイプ(20室)を中心に全32室ある同リゾート南側に隣接している。建物は赤瓦ぶき屋根の鉄筋コンクリート造り2階建て。海と島々が見渡せる露天風呂もある。

 開発を巡って同社は2014年9月に約2500平方メートルの民有地を取得し、同年11月に温泉掘削許可を県に申請していた。15年4月から掘削作業に着手し、約3カ月後にナトリウム成分とカルシウム成分などを含む温泉湧出を確認。今年4月に施設着工した。総工費は約1億2千万円。

 施設名の「カンパルネルラ」は、同所が12月から6月ごろにかけて南十字星が観測できることに由来。宮沢賢治著「銀河鉄道の夜」の終着駅が南十字星であることから登場人物の名前を付けたという。

 自然環境に配慮し敷地内では月桃やクワズイモなどの植栽や、雨水などの排水のためのビオトープの整備も計画。

 齋藤代表は「南十字星や満天の星空だけでなく、島でほぼ年中見られるホタルが敷地内でも観察できるような環境を整備する。滞在型観光の新たなスポットとし、地域活性化にもつなげたい」とした。