【糸満】糸満市消防本部(賀数淳消防長)は1日、7月に市西崎町の美々ビーチいとまんで発生した落雷事故で、救助に協力して心肺停止の40代男性の一命を救った功績で、ビーチの安全管理に携わる「いちまん」(金城一彦代表)、「いちまりん」(屋良朝仁代表)、「オキナワイベントファクトリー」(新垣重人代表)の3団体と東部消防組合消防本部職員の城間俊和さん(49)に表彰状を贈った。

賀数淳消防長(中央)から表彰状を手渡された金城一彦さん(右から2人目)ら関係者=1日、糸満市兼城・糸満市消防本部

 落雷は7月24日午後2時49分に発生し、雷を受けた男性が重症を負った。ビーチの管理者やスタッフをはじめ、休みで現場に居合わせた城間さんらが連携して救助。119番通報や遊泳客の避難誘導、救急処置で人命が救われた。

 賀数消防長は「訓練の成果と意識の高さがなしえた結果」と感謝した。金城代表(47)は「各自の持ち場の役割を果たすことができてよかった」と振り返った。

 けがをした男性の家族から同消防本部に「心から感謝申し上げます。現在主人は社会復帰に向けリハビリに励んでいます。良くなりましたらお礼に行きたい」という内容のコメントが寄せられた。