沖縄気象台は1日、今秋(9~11月)の沖縄地方の平均気温が平年より1・3度高い26・4度に上り、統計を開始した1946年以降で最高を更新したと発表した。これまでの最高だった98年の記録を0・4度上回った。

今秋の平均気温が26.4度となり、戦後最高を更新した沖縄地方

 沖縄地方の平均気温は那覇、久米島、宮古島、石垣島、与那国島の5地点の平均を算出。5地点すべてで26度を超えた。沖縄周辺の平均海面水温も平年より高い状態が続き、沖縄本島を含む東シナ海南部では平均海面水温26・9度を記録。気象衛星での観測を開始した82年以降で最高だった。

 沖縄気象台によると、高温の要因について、秋から発生しているとみられるラニーニャ現象に伴いフィリピン付近で積乱雲の発生が多くなったことなどの影響で、沖縄付近に暖かく湿った空気が流れやすくなったためとしている。

 また、10月から11月にかけて中国付近の高気圧が発達せず、平年と比べて北からの冷たい季節風の影響を受けにくい状況が続いたほか、地球温暖化なども要因の一つとしている。

■全国的には日照少なく

 気象庁は1日、今秋(9~11月)の天候まとめを発表した。低気圧や前線などの影響で全国的に日照時間が少なく、西日本(近畿、中四国、九州)では平年と比べて78%となり、統計を開始した1946年以降、最も少なかった。