沖縄タイムス+プラス ニュース

あの鐘を鳴らすのは… リオで活躍した2人、NAHAマラソン開幕告げる

2016年12月5日 07:32

 今年のNAHAマラソンのスターターを務めたのは、リオ五輪・パラリンピックに出場した車いすラグビー銅メダリスト仲里進選手(39)と、重量挙げ男子62キロ級4位の糸数陽一選手(25)。スタート時刻の午前9時、大会長の城間幹子那覇市長と万国津梁(しんりょう)の鐘を鳴らし、最後尾が通過するまでの約35分間、ランナーに手を振りエールを送り続けた。

スタートの鐘を鳴らす(左から)仲里進さん、糸数陽一さん、城間幹子那覇市長=那覇市旭町

 仲里選手は「日頃の練習の成果を出し切り楽しみながら頑張ってほしい」とあいさつ。首からぶら下げた銅メダルを触りにくるジョガーの姿もあった。

 糸数選手は「大役を任されて責任を感じた。東京オリンピックで金メダルを取って、またこの場に立ちたい」と話した。ことし流行ったピコ太郎やピカチュウの格好など、個性的なコスプレで走るジョガーたちに、沿道からも声援が送られた。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS