石垣島への陸上自衛隊配備計画を巡り、島が揺れている。推進派は、海洋進出を強める中国を念頭に「抑止力」のために配備が必要だと強調する。一方、反対派は有事の際、軍事基地は攻撃対象になると「リスク」を訴える。