県と那覇商工会議所の幹部は5日、那覇市のANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービューで会合を開き、那覇空港第2滑走路の効率的な運用、大型MICE施設への交通アクセスの課題などで意見を交わした。

那覇空港

 会合後、同商工会議所の石嶺伝一郎会頭は第2滑走路ができても発着回数は2倍にはならず、国際貨物ハブの需要も高まっているとし「滑走路を効率的に運用しなくてはならない。今の空港ターミナルのままで良いのか、それとも新たな検討が必要なのか。踏み込んだ話には至らなかったが、今後も県と経済界が連携して考えていく必要がある」と述べた。

 出席者によると、翁長雄志知事は、税制改正への経済界の協力に謝意を示し「来年度予算の満額確保に努力していく」と述べたという。