2018年(平成30年) 4月23日

沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄県幹部「言語道断」 オスプレイ、民家上空で物資つり下げ訓練 抗議へ

 米海兵隊MV22オスプレイが6日、宜野座村の民家の上を物資をつり下げて飛行していた問題で、県は沖縄防衛局に事実関係を確認した。県幹部によると、防衛局職員も現場で民間地上空を飛行する様子を確認したという。

民家の脇を物資をつり下げて旋回するオスプレイ=6日午後4時1分ごろ、宜野座村城原区内

 県幹部は「言語道断だ」と米軍を強く批判。戦後、米軍機のつり下げ訓練で県民が犠牲になってきた歴史に触れ「幾度も被害を受けてきた県民は、訓練の様子を見るだけで悲惨な歴史を思い出す」と指摘。提供施設外の民家上空の飛行は「絶対に許されない。米軍に強く抗議し、しっかりと説明を求める」と述べた。

 また夜間まで飛行が続いたことに対し「良き隣人とは言葉だけ。運用と言えば何でも許されるのか」と非難。別の幹部は「住民に危険が及ぶ可能性があり、あってはならないことだ」と米軍の姿勢を批判した。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間