沖縄タイムスふるさと元気応援企画「久米島町 観光・物産と芸能フェア」(主催・久米島商工会、久米島町、沖縄タイムス社)が9日から、那覇市久茂地のタイムスビルで開かれる。11日まで。日本最大級の生産量を誇る車エビや約600年の伝統を持つ久米島紬(つむぎ)などの特産品展示即売、1階特設ステージでのミニライブなどがある。

特産品を並べ、準備が進む久米島町の観光・物産と芸能フェア=8日、那覇市久茂地・タイムスビル

 同町のフェアは4回目。人気の車エビのつかみ取りや抽選会、3日間日替わりの割引商品も並ぶ。

 8日、準備していた久米島漁業協同組合の譜久里長徳さん(38)は「車エビの素揚げを安く提供する。多くの人に味わってほしい」。久米島紬事業協同組合の松元徹理事長(66)は「久米島紬のウエディングドレスなど約90点をそろえた」と述べ、来場を呼び掛けた。