横棒1本で、意味が異なる漢字の代表例が「幸」と「辛」であろう。丁寧な議論という一手間を省いたために、人々の幸せな生活に「辛」い結果をもたらすことにならないか。心配ばかり募るのがカジノ法案である

▼カジノ合法化に多くの懸念が示され、国民の過半が反対する法案である。審議は十分と言えないまま衆院を通過した。提案した国会議員と政府は今国会で成立させる構えを崩さない

▼衆院での審議はわずか6時間である。中身もひどかった。質問に立った自民党議員は、時間が余ったとして般若心経を唱えた。直接関係のない話題も持ち出した。多数与党のおごりは、度を超え過ぎてはいまいか

▼最大懸案のギャンブル依存症などへの対策は、法施行後1年以内をめどに政府がつくる実施法案に丸投げしている。党首討論で安倍晋三首相は、なぜカジノ解禁かを問われ、「これは議員立法だから、国会でお決めになること」と、正面から答えようとしなかった。どれも信じがたい光景である

▼カジノを含む統合型リゾートには、観光振興を含め経済効果への期待があるのも事実である。だからこそ、負の側面にも細心の注意を払わなければならないのは当然のことである

▼効果を含め吟味、精査し「正」しく判断してもらうにも、一歩「止」まって議論を尽くすべきだろう。(宮城栄作)