2018年(平成30年) 4月22日

沖縄タイムス+プラス ニュース

北部訓練場の部分返還「最大規模」 米メディアが報道

 【平安名純代・米国特約記者】米大手メディアは6日、訪日中のカーター米国防長官が安倍晋三首相との会談で発表した米軍北部訓練場の部分返還について、「沖縄が日本に返還されて以来、最大規模」などと日米両政府の取り組みの成果を強調し、沖縄の基地負担の軽減に貢献するとともに、日米同盟の強化にもつながるなどと報じた。

米軍北部訓練場(資料写真)

 ワシントン・ポスト紙(電子版)はAP通信の記事で、「20年もの取り組みを経て今月22日に完了する返還は、米国が1972年に日本に沖縄の施政権を返還して以来、最大規模のもの」と成果を強調した。

 テレビ局ABCニュース(電子版)は「日本政府は、六つのヘリコプター着陸帯とアクセス道路を建設し、米軍が訓練と基地の運用を継続できるようにした」などと返還後も在日米軍が使用を継続すると説明。一方で、米軍属による女性殺害事件などで「住民らは米軍のプレゼンスにますます不満を募らせている」と指摘した。CNNテレビ(電子版)は「翁長雄志知事は、沖縄の中心都市である那覇で6万人以上が出席した6月の抗議集会で、基地を沖縄以外へ撤去するよう日本政府に強く求めるなどと表明した」と説明した。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間