好評を博し4年連続の開催となった「久米島町 観光・物産と芸能フェア」。那覇市久茂地のタイムスビルでは9日午前のオープン直後から、沖縄本島在住の久米島出身者ら多くの観客で活況を呈した。

久米島紬の反物やシャツ、バックなどが並ぶ展示販売ブース=9日、那覇市久茂地・タイムスギャラリー

 初めて来場し、特産のガーリックオリーブオイルソースを購入した那覇市の新崎英昭さん(55)は「このソースを白身魚にかけると最高においしい。親族に配るために8本購入した」と満足そう。知人から久米島紬(つむぎ)を着付けてもらった平良こず恵さん(40)は、機織りを体験。「模様を織りなす作業の大変さを知ることができた。紬は自然な色合いと質感が魅力」と語った。

 10日は午後2時から、1階特設ステージでストリートダンスがあるほか、午後4時から3階のタイムスホールで「久米島乙女民謡ショー」のコンサートがある。チケットは1500円。問い合わせは沖縄タイムス社、電話098(860)3000。