沖縄最大級のペットイベント「みんなあつまれ! ペットカーニバルinおきなわ2016~命どぅ宝~」(主催・オム・ファム、沖縄タイムス社など)が10日午前、宜野湾市の沖縄コンベンションセンター展示棟で始まった。11日まで。入場料は大人1千円、小中高校生は500円。幼児は無料。

ふれあいコーナーでウサギにエサをあげる来場者=10日、宜野湾市・沖縄コンベンションセンター

ペットカーニバルの初開催を祝い、テープカットする関係者=10日、宜野湾市・沖縄コンベンションセンター

ふれあいコーナーでウサギにエサをあげる来場者=10日、宜野湾市・沖縄コンベンションセンター ペットカーニバルの初開催を祝い、テープカットする関係者=10日、宜野湾市・沖縄コンベンションセンター

 約40団体がペットグッズや飼い方などを紹介。ウサギやヤギなどにエサをあげることできる「ふれあいコーナー」や、体験フロアではしつけ教室や災害救助犬協会による触れ合い体験もある。ステージでは10日午後0時10分から、沖縄の殺処分の現状を考えるシンポジウムもある。

 PETBOXなど運営する「オム・ファム」の中村毅社長は「命の大切さを多くの人に感じてもらい、未来につなげていきたい」とあいさつした。

 ふれあいコーナーでモルモットを抱っこした国崎愛奈さん(7)は「家では犬を飼っている。犬もモルモットもどっちもどっちもかわいい」と笑顔で話した。